ブログ

catch-img

テイクアウト・デリバリーサービス、どう差別化する?容器で付加価値を!

軽減税率の導入、2020年春の緊急事態宣言を経て、テイクアウト・デリバリーの需要が増えています。サービスをスタートした飲食店は多いでしょう。

一時期、テイクアウト・デリバリー用容器は品薄状態になったものの、現在は市場が盛り上がっており、多彩な商品が登場しています。テイクアウト・デリバリーの容器を目的を持って選び、「コスト」ではなく「付加価値」にしませんか?


カップがデザイン性あるお皿に早変わり

カップ型は汎用性のある容器です。「おりがみカップ」も一見、一般的なカップ型の紙容器と変わりません。しかし、サイドの折り畳み部分を広げることができ、おしゃれなお皿に大変身!食べやすいだけでなく、つぼみが花開いたようなお皿がテーブルを華やかにしてくれます。テイクアウトやデリバリーでの食事は、時に寂しい気持ちになりますが、この容器ならテイクアウト・デリバリーで食べる楽しさが膨らみます。また、思わずSNSに投稿したくなる見た目なので、広告効果も期待できそうです。

耐水性・耐油性があるため、パスタ、揚げ物、スイーツ……いろいろなメニューに使えるとのこと。広げると平らにできるため、形がある容器とは異なり、ゴミがかさばらないのもお客さまにとって嬉しいところでしょう。コストは、一般的な容器に比べると割高ですが、他店との差別化が図れそうです。

■株式会社シンメイ http://www.shinmei-pac.co.jp/



お店の高級感をテイクアウトでも

「テイクアウト・デリバリーでも本格志向を伝えたい」「お店で食事をする時のような高級感や特別感を出したい」という飲食店の要望に応えるのは「TPボレノ/CT沙楽 北欧ブルーシリーズ」。

より本物の食器に近くなるようにと色調や質感を追求してデザインされた深い青色の容器は、料理とのコントラストが鮮やか。特にオムライスやパスタなどの黄色系の料理との相性がよく、美味しそうに見せるのはもちろん、お店で食事をしているかのような時間を演出してくれます。さらに、底はゆるやかな上げ底、側面はしぼり形状であるため、料理にボリューム感を出してくれます。肉料理が映える赤茶色も有。


■中央化学株式会社 https://www.chuo-kagaku.co.jp/products/n_europe_blue



汁物テイクアウトの液漏れ問題を解消

飲食店の「家でもこの味を楽しんで欲しい」と、お客さまの「あの味を食べたいけれど、汁物を持ち帰るのは……」の問題を解決するために開発されたのがロック機能&液漏れ防止機能がついている食品包装容器「おうちでかんたん」。ラーメンやカレー、うどん等の汁物に適しています。

汁漏れを防げるのは、ロック機能で容器とフタをつなぎ、衝撃に強くしているため。フタがピタッとくっつくのでにおい漏れも防げます。また、ロックがあるため、店舗でフタをテープで止める手間を省けるし、お客さまがフタを開けづらいということもありません。もちろん電子レンジ対応。冷めてしまっても、食事前に温められます。

■株式会社リプロール https://www.ouchide-kantan.jp/about



日本の文化「おかもち」を紙で再現

テイクアウト料理もドリンクもストローもおしぼりもチラシも……すべてをきれいに収納して持ち運びできるのが「OKAMOCHI カフェバッグ」。別売りの容器との組み合わせは自由自在なので、セットメニューに合わせて容器を選べば、スッキリ・スムーズに販売ができそうです。

通常は廃棄されるサトウキビのしぼりカスなどを再利用したパルプ素材でできているため、とてもエコ。デザイン性も高いため、持ち歩いている姿はおしゃれで、話題性を集められるでしょう。

■株式会社折兼 https://www.weeco.jp/



高まるSDGs・応援消費に応える「エコ」な容器

多くの企業がSDGsに取り組むようになり、エシカル消費をはじめや環境を考える行動は、幅広い世代に広がっています。また、コロナ禍で、応援したい・共感できる企業・地域のためにお金を使う「応援消費」が加速しています。こうした背景から、今「エコ」な容器を好む消費者が増えています。

環境に配慮した容器を販売するメーカーは増えています。素材の違い以外にも、電子レンジ・オーブンの使用可否、耐久性、保温性などに違いがあるため、メニューに合ったアイテムを見つけてください。


テイクアウト、デリバリーの容器は、料理を持ち運ぶモノから店舗がお客さまへ思いを伝えるモノへと変化しています。ぜひじっくり選んでみてください

飲食店の売上拡大・業務効率化で お悩みの方は、お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
年中無休(年末年始除く)
10:00〜19:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
ZEROレジのサービスに関する資料を
こちらからダウンロードできます