ブログ

catch-img

飲食店もEC化の時代! ECサイトを活用し売上の柱を増やす

新型コロナの影響で飲食業界は苦境に立たされていますが、ECサイトを運営し売上をつくる店舗が増えてきています。飲食店がECサイトを開設し、運営をしていくポイントは?


ECサイトとは?

ECは「electronic commerce(エレクトロニックコマース)」の略で電子商取引のこと。主に自社の商品やサービスを販売するWEBサイトをECサイトと言います。オンラインショップと同義語です。モール型(Amazonや楽天市場のように母体となるサイトに多数の店舗が出店する形式)と自社サイト型(自社で独自にサイトを開設・運営する形式)の2つにわけられます。24時間注文を受けつけられること、販路を全国に広げられることが主なECサイトのメリットです。

アフターコロナになっても巣ごもり消費や在宅ワークなど新たな生活様式が定着した中では、飲食店がコロナの感染拡大前の売上に戻すことは難しくなるという見方があります。物販やテイクアウト、デリバリーなどを売上の柱に育てていくにはECサイトの利用がカギとなっていきそうです。


新規立ち上げなら、モール型か無料サービス

オリジナルの麺やレトルトカレーなどの通販を考えている場合に検討したいのは、モール型ECサービスの活用です。最大の魅力は、ECサイト自体が知名度や利用者を備えているため、集客がしやすいことです。サイトのデザインはテンプレートであることがほとんどなので、デザインの自由度には限りがありますが、テキストや画像データを用意すれば、簡単に作成・スタートすることもできます。デメリットとしては、手数料が発生すること、モール内で価格競争が起きることが考えられます。

サービス立ち上げ時に注意したいのは販売が営業許可の範囲でできるかどうかです。飲食店の営業許可は、飲食の店内提供の許可であるため、サイトで売りたい商品に合わせ許可取りが必要なことがあります。例えば、お菓子類を製造・販売するには、飲食店営業許可に加えて、「菓子製造業」の許可が必要です。サポートを備えたECサイトもあるようですが、各都道府県の条例や保健所で自分で確認をし、必要に応じて対応することを基本としてください。

「無料ではじめたい」「まずは小さく展開したい」といった場合は『BASE』『STORES』などの無料サービスの活用がおすすめです。IT初心者でも簡単にECサイトを作ることができます。

□BASE https://thebase.in/

□STORES https://stores.jp/


ECサイトはSNSで盛り上げる

ECサイトを構築した、またすでに運営しているけれど売上が伸び悩んでいる場合に大切なのは、SNSとリンクをすることです。SNSへの投稿はECサイト訪問の導線になるため、売上アップが期待できます。また、ECサイトでは消費者と十分なコミュニケーションが取れないことが課題になり得ます。SNSは双方向のコミュニケーションを補ってくれるものでもあります。

飲食店の場合、読む情報ではなく見る情報であるInstagramとの親和性は高いため、Instagramの充実はECサイトの盛り上げの近道だといわれています。近いうちにECサイトの活用をはじめるお店は、今からInstagramへの投稿を強化していきましょう。


活用したい事業再構築補助金

経済産業省では、コロナ禍を受けて当面の売上の回復が期待できない事業者に向けて、企業の思い切った事業再構築を支援する「事業再構築補助金」の申請を受け付けています。

飲食店も対象となり、ECサイトを始める場合、100万〜最大6000万円までの補助金を受けられる可能性があります。

具体的には『コロナ前には居酒屋を経営していたが、コロナの影響で売上が減少した。オンライン専用の注文サービスを新たに開始し、宅配や持ち帰りの需要に対応する業態に転換する』という場合、『店舗縮小に係る建物改修の費用や新規サービスに係る機器導入費や広告宣伝のための費用』などが対象となるようです。

詳しくは https://jigyou-saikouchiku.jp/


ECサイトは物販、テイクアウト、デリバリーの強化だけでなく、クーポンや食事券、料理教室、イベントなどの販売にも活用できます。ECサイトは自店の魅力をお客さまに届けるための重要なツールになっていきそうです。

飲食店の売上拡大・業務効率化で お悩みの方は、お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
年中無休(年末年始除く)
10:00〜19:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
ZEROレジのサービスに関する資料を
こちらからダウンロードできます